マンション売却のはなし 後編

前回はこちら

というわけで1,820万円で宅建業者には売らずに、値下げして一般の人を引き続きターゲットにする事となりました。値引き額について検討した結果、1,980万円に決定。2,100万円から1,980万円という安い軽自動車が買えてしまう程度の金額を値引く事になったわけですが、ここまで反応が無いと正直1,900万円ぐらいで売れてくれれば御の字、という状態ですが、不動産屋の営業さんも「チラシ作って近隣にばら撒きます!」と気合を入れ直してくれています。

とはいえ、修繕積立金の問題は変わらず残っているわけでして。この記事でも書きましたが、現在月額13,000円の修繕積立金を2万円程度上げないと大規模修繕には足りないみたいで、とはいえいきなりそんなに増額する事はほぼ無いのでどこらへんで妥協するかを12月のマンションの理事会で案を作成するみたいです。もし、自分がマンション買う立場だったら修繕積立金アップの見通しが立たないと買う決断は出来ないよなー、と早期売約はほとんど諦めてました。周辺環境や日当たりには自信があるので、とにかく内見に来てもらって12月に結論を出してもらえる感じにで進められれば、と思っていたところ不動産屋の営業さんから一本の電話が。ついに内見来たか?と思ったら微妙に違いました。話を聞くと、宅建業者で競売をかけたところとは別口で興味を持ってもらっているところがあるそうで。競売は不動産会社の本社主導なのですが、今回の業者は営業さん個人のツテだそうです。

内見をした上で価格を提示したいとの事で、とりあえずうちの奥さんと家の掃除に邁進しました。一般向けとは違ってフルリフォーム前提なので散らかっていても問題無いとの話でしたが、お客様を招く事には変わりないので気分の問題です。それでも散らかし上手で片付け苦手の奥さんはギャーギャー言ってましたけれども。

そして宅建業者様来訪。軽く内見。そして買取価格提示。

って早っ!
てっきり一度持ち帰って査定した上で提示かと思ったのですが、金額は決まっていて念のため室内に問題無いか目視しただけみたいです。

そして価格は。

1,920万円!

売ります!(即決)

引き渡しも3月末で大丈夫との事です。営業さんが有能過ぎる…。というか1,820万円で妥協して売らなくて本当に良かった…。

一般の人に売るとなった場合は室内保存にそれなりに気を使う必要があったわけですが、業者への売却であればある程度雑でも大丈夫ってのもありがたい。流石に窓ガラス割ったり壁に穴開けたりしたらダメですけど。

というわけで、マンション売却問題はとりあえず解決。住宅ローンの残債返して仲介手数料払っても、若干おつりが出るぐらいにはなりました。これで本道の重量鉄骨中古戸建リノベーションに集中できます。解体工事で大きな問題が出てきませんように…。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA