マンション売却のはなし 収支集計編~賃貸とどっちが安かったか比較してみた

マンション売却のお話のオマケ。前回はこちら

着地金額がほぼほぼ見えてきたので、この4年間分譲マンションに住んだ場合と賃貸マンションで済んだ場合にどちらに優位性があるのか計算してみました(来年3月引越し想定)。購入及び売却の収支としてはこんな感じです。

①購入時

  1. 物件価格:-2,100万円
  2. 仲介手数料:-75万円
  3. 住宅ローン手数料:-44万円
  4. 登記費用:-21万円
  5. 火災保険料:-9万円
  6. 洗面化粧台、ガスコンロ、キッチン水道交換:-30万円
  7. エアコン3台設置:-18万円
  8. 給湯器交換:-13万円
  9. 住宅ローン借り入れ:+2,000万円

②4年間の支払い

  1. 住宅ローン:月額52,000円×48か月≒-250万円
  2. 管理費&修繕積立金:月額22,000円×48か月≒-106万円
  3. 固定資産税:年額9万円×4年間=-36万円
  4. 住宅ローン控除4年分:+75万円

③売却時

  1. 物件価格:+1,920万円
  2. 仲介手数料:-70万円
  3. 登記費用:-2万円
  4. 住宅ローン返却:-1,785万円

①~③をすべて合計し、差し引き564万円が4年間で発生した費用となり、月割り計算だと48で割って月額約12万円となりました。

これは…、ちょっと高いな。僕の家周辺で同条件の賃貸物件を見てみると11万円前後が相場なので、明らかに損してます。マンションがあと100万円高く売れていればペイできていたわけですが、逆にさらに安値で買い叩かれていた可能性もあったので、この程度の損失で済んだのを良しとするべきと思う事にしました。

こんな計算してもガッカリするだけで良い事は何も無いのですが、今後の戒めとして記録に残しておくことにします。そしてマンションを買って売るだけで不動産屋に145万円も払っているという事実から目を背けないようにします。僕もマンション買ったり売ったりのお世話をするだけのお仕事したいです。それって不動産屋の営業なのでは…。今回お世話になっている営業さん見てるとやっぱり出来そうにないです。平日しか休めないし、平日の休みの日もなんだかんだ対応してくれているし。夜9時過ぎにメールやら電話やら普通に来てますし、家にいる時間がかなり短そう。うちでそんな事やると奥さんのヘイトが爆上がりで家庭崩壊の危機まっしぐらです。薄給でも定時で上がれるという事の幸せさを再認識しつつ、マンションの売買で利益出している人ってすごいなーと感心しつつ、今日の項目おしまい。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA