リビング用テレビ検討、65X80Jだったり65U7FGだったり

リノベの話は一旦置いといて、今回はリビングのテレビのお話し。

現在、我が家のリビングのテレビは僕が10年以上前の独身時代に購入した26インチのシャープのアクオスをそのまま使い続けている状況となっています。狭いリビングなので違和感は無いのですが、引越し後の間取りはこんな感じとなっており、

2階間取り

2階間取り

この広さのリビングに26インチのテレビを置くと流石に貧弱!貧弱ゥ!とディオ様に子安ボイスで罵られてしまうので買い替えることにしました。

まずはサイズについて検討します。なんとなく50インチ前後で考えていたのですが、電気屋に行って適当に眺めてみると58インチぐらいがなんとなくしっくり来る気がします。そしてふと、僕の姉の家とうちの新居のリビングのサイズ感が近いのを思い出し、テレビの大きさについて悩んでいる旨を伝えると「今は以前買った55インチのテレビを使っているけど、この家のリビングの大きさに合わせるなら65インチを買うと思う」との事。何年経とうとも姉には逆らえないという命令が僕の遺伝子に刻まれているため「Yes, Ma’am!」と二つ返事で承諾しました。電気屋で改めて65インチのテレビを見るとその巨大さに圧倒されるのですが、きっとすぐに慣れるでしょう。

大きさが決まったので次は機種選定です。ここ10年以上テレビを買おうと思ったことが無いのでテレビ事情がさっぱりわからないのですが、価格.comで相場観を見てみるとまさにピンキリですね。65インチで高いと30万円オーバー、安いと8万円を切ってくる感じでした。僕の知識では「1インチ1万円」が相場だったんですけど遠い昔の話なんですね…。

そして当然ながらお金は無いので安く済ませたいのですが、安かろう悪かろうでも困るので最もコスパが良いところを狙っていきたい所存です。最初に検討したのがソニーの65X80J。価格.comで2022年3月現在一番売れている機種になります。ソニーの中でも最も安いシリーズなのですが、それでもソニーなので絵作りは決して悪くないみたいです。倍速機能とか無いけど、そもそも今使っているテレビにもそんなものは無いので気にならないはず。

3/11までセールをやっていたみたいで、価格.com最安値がコジマネットで123,750円でした。ここで買ってしまうか否か!?

3月末に向けてもっと安くなるかも、とスルーしたら普通に値上がりして138,600円になりました。買っておけば良かったのか…?

気を取り直して他の機種も調べてみます。ハイセンスという中国の会社があるみたいで、東芝のテレビ事業の売却先との事で、ここ数年でテレビの品質がかなり上がってきているみたいです。東芝のREGZAの映像エンジンを使用しているとのことで、中国メーカーとは言えほとんどREGZAと言っても差し支え無いでしょう。というかそもそもREGZAブランド自体ハイセンス社に買収されていたんですね。

購入を検討したのが65U7FGという機種になります。同社の65インチの液晶テレビとしてはミドルレンジクラスになりますね。倍速機能は無いけど、僕が狙っている「コスパが良い」という点においては良い塩梅かと思います。こちらの動画も参考にさせていただきました。

価格.comで見てみると現在の最安値はノジマオンラインの108,702円となっており、安かった時のソニーの65X80Jと比べてもさらに安いですね。買ってしまおうかと思ったのですが、65U7FGの価格推移を見てみると10万円を切っている時もあったみたいで、さらに安くならないか虎視眈々と狙っていました。

すると、楽天市場のJoshinで本体109,700円のポイント還元約16,000円で実質約94,000円となっているのを発見! しかも、ノジマオンラインは2階リビングへの設置に7,000円かかるのですが、Joshinは設置も無料みたいです。これは買いだ!と思ったけどFCバルセロナが3/14に勝利したため翌日はポイントがちょっと増えるのでそれを待つことにしました。

そして3/15、Joshinにて発注しようとしたのですが、一応他も見てみようかと思ったらコジマ楽天市場店にて104,022円で売られているのを発見、しかも当日限りの5,000円引クーポン利用可能、そしてポイント約10,000円還元で実質約90,000円!

 

という事でポチっとしておきました。3月下旬納品となっているので、ちょうど引越し日あたりになりそうです。そこそこの性能の65インチ液晶テレビが9万円で買えるなんて良い時代になったもんです。1インチ1,385円か…。隔絶の感がすごいですな。届いたら実機のレビューしたいと思います。「デカイ! キレイ!」の6文字で終わる可能性もあります。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA