重量鉄骨中古戸建リノベーション編 その6、水回り検討の巻

というわけで、一昨日の続きです。

キッチンは決まったので次はユニットバスを選びます。最初にもらった見積もりではリクシルのアライズというタイプで、1616サイズで本体価格480,000円、工事費等で360,000円の合計840,000円でした。というか「TOTOのユニットバスとトイレは安くできます」と言っておいてなんで最初の見積もりではリクシルなんでしょ、という一抹の不安を覚えつつTOTOのショールームに行ってきました。

方向性としては「とにかくシンプル、掃除する箇所は少なければ少ない方が良い」。という事で、鏡無しカウンター無しタオル掛け無し収納無し、シャワーヘッド置きはスライド式でなくて固定式というとことん削る方向でオーダー。ただ、今のマンションでかなり活用しているので浴室換気暖房乾燥機はありにしました。「三乾王」ってネーミングはだいぶダサイと思います。

そして出てきた見積もりは。

1,127,720円!

買えるか! ただ、システムキッチンの時にこの金額には何の意味もないという事を学習したのでリフォーム屋さんに投げて本当に必要な金額を出してもらったところ。

本体440,000円+工事費等330,000円=770,000円でした。

あれ、当初の見積よりも70,000円下がってますね。嬉しい誤算というやつです。ていうか、1,127,720円が440,000円になるって、この定価に一体なんの意味があるんだろう。というわけで、ユニットバスは特に問題もなく決定。

TOTOのショールームに来たついでにトイレも選ぶことになりました。最初の見積もりではTOTOのZJ-1という機種で本体価格90,000円の工事費等も90,000円で合計180,000円です。この機種、業者専用のモデルという事でショールームには置いていないという事を後で知りました。

3階建ての2階部分がメインなので、2階のトイレはGG1という一見タンクレストイレにも見える見た目スッキリタイプにしました。3階については特にこだわりは無いのですが、トイレ本体とタンクが別になっている、いわゆる昔からある組み合わせ式のトイレがメンテナンス的には良い感じとのネット情報を受けてピュアレストEXという機種にしました。1階のトイレはさらにこだわりが無いので特に変更はしてません。今さらながらこの家なんでトイレが三つもあるんだ? 3人までは同時にノロウイルスに感染しても大丈夫! 家族4人中3人がノロになるって、トイレがどうこう言う以前に相当地獄絵図ですな。

で、TOTOから出てきた見積もりはGG1が263,120円、ピュアレストEXが265,100円でした。

あれ、意外と組み合わせ式トイレが安くない。それはさておきこの見積もリフォーム屋さんに投げます。

結果。

  • GG1:本体140,000円+工事費等90,000円=230,000円
  • ピュアレストEX:本体180,000円+工事費等90,000円=270,000円

組み合わせ式の方が高いという予想外の結果となりました。値引き率の法則がちっともわからん。というわけで、元々のZJ1と90,000円も差額があるので3階のピュアレストEXは却下となり、当初の予定通りZJ-1になりました。

というわけで、トイレについては2階のZJ-1のみGG1変更という事で+50,000円となっております。システムキッチンで+400,000円、ユニットバスで-70,000円、トイレで+50,000円で現時点では+380,000円となり、今回は微減でフィニッシュ。次回は洗面化粧台と、それ以外で欲しい設備についてです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA