重量鉄骨中古戸建リノベーション編 その12、住宅ローン契約の巻

今日は住宅ローンの本契約のために銀行に行ってきました。3時半から約束で、到着後に必要書類一式渡してから約45分間放置。なかなかの仕打ちを受けた後に、担当者が戻ってきて契約内容の確認が始まりました。今回、3,300万円借りることになったのですが住宅購入及びリノベーション実施という事で分割借入ってやつになるそうです。

「初回は今月末に2,400万円借入になります。」

はいOKです。

「残金は来年3月に300万円借入となります」

はいダメです。
なんか600万円ネコババされてますけどー?

何故か合計2,700万円で計算していたみたいです。これ、僕が気が付かずに契約進めてたらどうなっていたんだろう? まあ、人間誰しも間違えることはある、という事であまり気にしませんでした。ただ、その修正でさらに30分待たされたのはちょっとしんどかったです。僕の帰りの遅れとうちの奥さんの機嫌の悪さは比例するのです。

三年前にマンションの住宅ローンを契約した際は収入印紙2万円が必要だったのですけど最近は電子契約ってのを利用する事で収入印紙は不要になったんだそうで。3,300万円借りるうちの2万円と思うと金額小さく思えてしまうのですが、良く考えると2万円って大金ですよね。ありがたい話です。

そんなこんなで無事(?)契約終了。今月末の初回融資実行で今のマンションの住宅ローン残債と合わせて4,200万円の借金を背負う身となるわけです。冷静に考えると震えますね。噂によく聞く、住宅ローン借りたら奥さんの料理の味付けが急に濃くなったってやつを体験できるかもしれません。まあ、マンションの残債はマンション売れたら速攻で叩き返すのでそれまでに高血圧になって死ぬ事はないかと思いますが。でも、たしか醤油1リットル飲んだら致死量だったような。なんで奥さんに命を狙われている前提になってるんだろう。そして、それって戦時中の日本の兵役逃れでやるやつですね。

とにかく健康は大事という話です。住宅ローンの団信にがん特約を付与しようか悩んだんだのですが、「これ付けるとガンになる生活を許容してしまうのではないか」と思い、だったらがん特約無しで健康道を突き進んだ方が建設的と判断して止めました。健康のためなら死んでもいい、ってやつですね。これでこの先ガンになったら後悔するんでしょうけど、結局どっちにしてもギャンブルなので、健康的に一生生きるorある日突然死亡の二択目指して頑張ります。世間でいうところのピンピンコロリを実現すればその二択の両方を選べる事に今気が付きました。じゃあそれでいいや。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA