重量鉄骨中古戸建リノベーション編 その1

これまでのあらすじ。

築浅中古戸建購入検討→新築分譲住宅購入検討→土地&注文住宅購入検討→中古戸建購入&リノベーション検討(イマココ!)

というわけで、約30坪の土地&築35年の3階建て重量鉄骨戸建てを2,300万円+諸経費で購入して、リノベーション代含めて予算の4,300万円以内に収まるのか検討したうえで物件の購入可否判断をする事になりました。

購入検討中のお宅に、僕・不動産屋の営業さん・リフォーム屋の営業さんで集まって打ち合わせ。まず内見をさせてもらったのですが、流石は築35年、歴史を感じさせる外観及び内装です(婉曲的表現)。70歳を超える老夫婦が住んでおり、3階建てでの生活がきつくなってきたので売却を考えた、との事でした。もし購入したらうちらも老後に同じことをする気もしましたが、それはそれで駅から徒歩6分という好立地から土地の資産価値はそれほど下がらないだろうという事でその点はスルー。あと、年配の人にありがちなやつで、家の中にやたらと物が多くリノベーション後のイメージがつきにくかったのですが、リフォーム屋さんに言わせると中はガラッと変わるとの事。

現時点での間取りはこんな感じです。マイホームクラウドにて僕が作成したもので実際の図面とはサイズ感が異なりますが、雰囲気は伝わるかと思います。

1階既存間取り

1階既存間取り

2階既存間取り

2階既存間取り

3階既存間取り

3階既存間取り

1階は独立した空間となっており出入口は一つだけです。玄関は2階となります。普通の2階建住宅の1階2階がこの家の2階3階となるイメージですかね。リノベーションの方向性は以下の通りです。

  • 水回りは全て一新
  • 部屋のクロス張りやフロアタイル更新は全居室にて実施
  • 1階3階の間取りついては基本的に変更なし
  • 2階は間取り含めて完全に新規で作成
  • 外観は良い感じにしてほしい

1階については、もともと会社の事務所として使用していたとの事なのですが、現在は奥さんの部屋として使用しているとの事です。リノベーションして2階につながる階段を室内につけてもらおうかと思ったのですが、結構な費用がかかるみたいでそれは断念。というかこの部屋、一体何に使えばいいんだ? まあ、部屋があって困ることは無いので深く考えないことにしました。

3階は間取りそのままで、夫婦の部屋、子供の部屋×2って感じに上手い感じで割り振れそうです。夫婦の部屋にはウォークインクローゼット付けてもらえると良さそうですね。シャワー室は不要なので撤去&代わりの洗面所の設置をお願いしてます。

問題は2階。このままで住むのはもちろん厳しいので、これこそ大改造が必要な箇所となります。以下要望を出して、リノベーション後の間取り&見積書作成をお願いしました。

  • LDK+1部屋と風呂トイレ洗面所を良い感じに配置したい
  • カウンターキッチン希望
  • 古い家の窓は断熱性能が低いので内窓設置希望

数日経って、間取り案及び見積書到着。まず、2階間取り案はこんな感じです。

2階間取り案

2階間取り案

間取りについては色々と突っ込みどころはあるものの、細かいところは実際に物件の購入が決まってから再検討する事にしました。そして、注目の見積金額は…。

1,345万円(税込)でしたー。

予想していた金額(1,000万円)よりも高いですが、内窓だけで165万円かかっているので内窓工事やらなければ1,180万円ですね。という事で金額的には行けるという事もわかり、諸々含めて約4,000万円で駅から徒歩6分・建物面積約150㎡・3階建て重量鉄骨の家が手に入るのであればアリではないか、と判断して、渋るうちの奥さんを押し切ってまずは物件の購入を進めることとなりました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA