重量鉄骨中古戸建リノベ編 その27、階段手すり検討の巻

前回はこちらです。室内工事は着々と進む中で、細かい点についていろいろと検討をしている状況です。

天井が低い物件なので、壁紙は白・床は白系の木目調・扉も同系色とちょっとでも広く見せようと足搔いたりしています。

そんな中で、階段の手すりをどうしようかという話になりました。これについては前からちょっとした憧れがありまして。何かの記事で読んだのですが、ダウンライト付きの手すりにするとおしゃれ感&安全性アップというのを知って、出来れば採用したいと前々から考えていました。

いくつかのメーカーが出しているみたいですが、リクシルで言えば手すりユニットAってやつですね。リンク先の一番下になります。

ダウンライト付き手すり

ダウンライト付き手すり

見よ、このおしゃれ感。KBTIT先生並みのオサレ感といっても過言では無いでしょう。

という事で、「これにしたい」とリフォーム屋さんの営業さんに言ったところ、「出来なくは無いですけど、高いですよ」と微妙な反応。同じような効果を求めるなら足元にLED照明付けたほうが全然安く仕上がるとの事でした。…何…だと…?

とはいえこの憧れは止められなかったので諦めずに勝手にカタログで値段調べてみました。以下、リクシルのカタログより抜粋。

手すり価格

手すり価格

合計175,000円也。

はい解散ー! これが定価でいくら値引きがあるとはいえかなりのお値段になりますね。オサレでメシは食えんのですよ。貧乏人は普通の手すりで慎ましく暮らすことにします。

というか、色々な人の家づくりについてのブログやTwitterを拝見していつも思うんですけど、皆さんの家、オシャレすぎません?  室内扉を天井まであるハイドアにするとか、間接照明をふんだんに使うとか、我が家も予算に余裕があればそういったこだわりの設備を入れたいのですが、いかにして費用を削るかで苦慮している状況なので、真っ先にリストラ候補となるのは実生活に影響が少ないそっち系の設備になってしまうのはやむを得ない事なのです。

という残酷な事実を認識しつつ、限りある予算の中でなんとか折り合いをつけねば家が仕上がらないわけでして。そんな感じで次回に続く。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA