マイホームクラウドのはなし

中古戸建を購入してリノベーションの間取りを検討していた時に「平面図だとイメージがつかないので3Dにしてくれるようなアプリがあったらいいなあ」と思ってました。

「え!!無料で間取り作って3D化するアプリを!?」「できらぁ!」

というわけで、マイホームクラウドの紹介です。いわゆるWebアプリになります。ざっくりとした間取りしか書けませんが、雰囲気をつかむには十分です。

以前、この記事にて紹介した間取りも同アプリにて作成しており、リフォーム屋に最初に提案された以下間取りについて検討した時も、

2階間取り第1案

2階間取り第1案

「リビング入ったら目の前シンクって変じゃない?」「リビングと洗面脱衣所、狭いんじゃね?」といった疑問があったわけですが、この間取りを以下の通り3Dにして確認しました。

3D間取り

3Dイメージ

室内をうろうろする事も可能です。という感じでやっぱり違和感を覚えたので別の間取りを作成する事に。という事で完成したのがこちら。

2階間取り完成版

2階間取り完成版

これもマイホームクラウドにて室内をさまよってみて、良い感じだったので決定となったわけです。

決定版間取り3D

そんな感じに技術の進歩の素晴らしさをかみしめていました。間取りの3D化について最初はiPhoneのアプリで探してみて適当に入れたやつを試してみたもののあまり上手く動かず、その後いろいろと調べたらこのWebアプリにたどり着いた次第でして。

マイホームクラウドのトップページに現在の会員数と間取り登録数が記載してあるのですが、現時点で会員数46,464人に対して間取りが4,552件って、間取りが少なすぎる気がします。というか私一人で10個ぐらい間取り作っているので、会員数に対してアクティブな人は数%って勘定になりますね。なんででしょ、間取り書くのこんなに楽しいのに…。

操作感に若干クセはありますがしばらく触っていれば慣れます。ヘルプが無いのか僕が見つけられてないだけなのかよくわかりませんが、マニュアル無しでも直感でなんとなく書き上げられます。いや、もしかしてそこがハードルの高さに繋がっているのか。

普通に生きてきたら間取りを書く事なんてしないので、貴重な経験にはなったかと思います。特に今回は注文住宅みたいにある程度自由がある中での間取り作成ではなく、中古戸建リノベーションという既存の玄関や窓、配管による制限付きという事でパズル感が強かったです。いわば人生がかかったパズル。それって遊戯王の闇のゲームなのでは…? 負けるとQOLが下がります。そして勝敗はリノベーションが完了しないと分かりません。続きはWebで!(ここもWebです)

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA