iPhone13 miniをしばらく使っての感想、の巻

「~の巻」という表現だと、僕としては真っ先に忍者ハットリくんが思い浮かぶのですが、世間一般としてはちびまる子ちゃんなんですかね? まあ、子供時代にドラえもん・忍者ハットリくん・オバケのQ太郎・パーマン・キテレツ大百科・エスパー魔美・プロゴルファー猿といった藤子の波状攻撃にさらされながら育ってきたので、それはいたしかたがないことなのでござるよ、ケンイチうじ。というか最近の若い者は藤子不二雄作品というとドラえもんしか知らないのか。しかもわさびのやつ。ドラえもんといえばのぶ代でしょ、という発言はすでに老害ですよね。

という事でiPhone13 miniです。iPhone7からiPhone13 miniに機種変更という希少種なので僕の感想が参考になるという人はほとんどいないかとは思いますが、せっかくなのでつらつらと書いてみます。

  • 性能は大幅にアップしたらしいけどそんなに重い処理は元々してなかったのであまり実感できず。Hearthstoneというゲームがそこそこマシンパワーを必要としたので性能アップが実感出来るかと思ったのですが、バトルグラウンドというゲームモードで理不尽な負け方をして頭にきてゲーム自体をアンインストールしてしまったので結局よくわからなかったです。Twitchでバトルグラウンドの配信をちょくちょく見るのですが、皆さん、不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった時のリアクションが一様に面白いです。
  • 指紋認証に慣れ切っていたので顔認証を受け入れられるのか不安でしたが、特に問題はありませんでした。結局は慣れの問題かと。むしろ自宅では濡れた手でもロック解除出来るので顔認証の方が便利です。外出先はマスクなのでちょっと困りますが。いろいろな人が言っている通り指紋認証と顔認証の両方付ければ良いかと思うのですが、Apple社としても何かしらの事情があるのでしょう。
  • ホームボタンが無いのも一瞬で慣れました。もはや会社貸与のiPhone8が使い辛く感じるレベル。ここらへんの操作感は流石、良くできてますね。
  • ビデオ撮影のシネマティックモード、最初は面白がって使っていたのですが、主な用途たる子供を撮影する場面ではあまり上手い事活用できていない状況です。これはテクノロジーに僕の技術&知識が追い付いていないだけな可能性があるのでもうちょっと検証してみます。
  • サイズ感がほとんど一緒ってのが嬉しい。嬉しいっていうか違和感がない。でかくなって存在感を主張されるよりは全然良いですね。
  • バッテリーについて、そもそも僕のiPhone7の最大容量が79%だったのでもちろんそれと比べれば全然長持ちなのですが、13miniも使っていればそれなりに減るのでその点についてはちょっと期待外れ。期待が大きすぎたんですかね。子育てメソッド的にも「期待」は結果を求めるものなので「期待はしないで信じること」ってのがあったと思うので13miniを信じてあげれば良かったんでしょう。あるがままを受け入れれば良いのです。そしてバッテリーの持ちがちょっとでも良くなった時に沢山褒めてあげれば良いのです。そんな時は物理的に一生来ないとか、そんな話をしているのでは無いのです。

というわけでおおむね満足でした。

そういえば、うちの奥さんの携帯もauからpovoに変更して、SIMカードが届いたので早速設定しました。発信テストも無事に完了。これで固定費大幅削減。めでたしめでたし。

翌日、仕事中に奥さんからLINEが。

「外でpovo使えない。ネットにつながらない。」

だいぶお怒りの様子。こういう場合、通常のキャリアであればサポート窓口があってそちらに怒りの矛先が向かうのですが、povoのサポートは無人対応のチャットのみであり今回のケースでは僕が諸々の対応をする必要があるという状態なので、俺がサポート窓口だ、というわけです。俺がガンダムだ、の同義語ですね。

帰宅後、責任者の勤めという事でお客様に誠心誠意謝罪してから再度設定。奥さんの携帯はiPhone11なのですが、13miniでは自動で設定してくれていたプロファイルとやらが何故か設定されておらず、手動で設定したら問題なくモバイル通信も使えるようになりました。シキシマ家で血の惨劇が巻き起こらなくて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA